北海道旅行の思い出

今から20年程前のことです。北海道の札幌と小樽へ行きました。
きっかけは、なんと懸賞旅行で当選したのです。
当時、懸賞にはまっていた私は、時間があれば、はがきを書いていました。
そして、晴れて10組20名様の北海道旅行に招待されたのです!

東京から、寝台列車の北斗星に乗って、行きました。寝台列車というのがまず、初めての体験だったので、何もかもが新鮮でした。夜は、フルコースのディナーが付いていました。ロマンチックなろうそくの光を見ながらのディナー。外は景色が流れて行きます。食事はどれもおいしくて、本当に夢のような時間でした。
個室には二段ベッドがあって、くつろいで眠る事が出来ました。

北海道につくと、周遊タクシーのおじさんが、旗を持って立っていました。
これもツアーの中に入っているのです。その人に有名なスポットに連れていってもらいました。小樽運河、オルゴール堂、石原裕次郎記念館などを見ました。昼食は、蟹のフルコース。これも食事券がついていました。
その日は、東急ホテルの最上階の部屋に泊まりました。夜景がとても綺麗でした。
次の日は自由行動だったので、自分たちでレンタカーを借りて、あちこち見て周りました。湖へ行って写真を撮ったり、有名なラーメンを食べたりしました。帰りは飛行機で地元へ。
この旅行でかかったお金は、5000円に満たないです。
懸賞ってすごい! また、懸賞生活始めようかな。

沖縄の思い出

昨年の夏休みに家族で3泊4日の沖縄旅行に行ってきました。毎年夏休みは泊りがけで出かけることが恒例行事でしたが沖縄に行くのは初めてでした。沖縄に決めたきっかけは、一昨年私が修学旅行でいったときに今度は家族とも行きたいと思ったからです。思い出に残ってること一つ目は、シュノーケリングをしたことです。ダイビングとは違うの浅いところで潜るくらいなのかと思いましたが、違いました。船に乗って結構遠いところまで行き、そこできちんと潜り方を教わりダイビングに近い形で魚と泳ぎました。思った以上に本格的なシュノーケリングだったので泳ぎが苦手な私は驚きましたが、ちゃんとインストラクターの方がサポートしてくれたので楽しかったです。また水中で家族の写真を撮ってくれるのが素晴らしいサービスだと思いました。 ダイビングやバナナボートなどのレジャースポットはもちろん予約はしたほうがいいですが、飲食店などの予約はそこまで必要ないと感じました。現地に行けばおいしいお店もたくさん並んでいるので、食べたいと思ったお店に入って食事をするのがいいかもしれません。現地で食べて特に美味しかったものは、じーまみー豆腐と作り立てのサーターアンダギーです。今まででいった国内旅行の中では一番満足感のある旅になりました。